癒しの写真畑☆

 癒しの写真と心に響く言葉で、みんなの心に花が咲くように・・・そんな願いを込めて、畑に写真や言葉の種を蒔いていきたいと思っています。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒された☆
そう感じてくださった方は
クリックお願いします(*^_^*)↓↓

     
今回は、あったかくてちょっぴり切ない・・・
そんな物語を書きました☆





ちょる君と一緒


ため息が白く凍りつく帰り道
アスファルトをただただ、眺め、歩いていると
目の前を白いものが ふわり と落ちた

見上げると
街頭の光を浴びて、微かに見える白い雪

「どうりで寒いと思ったら・・・」

そう、呟くと
大きく白い息を吐いた



次の日の朝
目を覚ますと、窓の向こうに見えるのは
見慣れたはずの景色さえ
別世界にしてしまう程の雪化粧

寒がりなはずなのに、思わず飛び起きて、窓に近づいた


その時、ベランダの隅の方に、何やら小さくて白いものが・・・ぽつり

窓を開けた私に「白い何か」は、こう言った


FC2ちょる1



「はじめまして。ボク・・・雪だるまのちょると言います。」


目を丸くした私に、彼は続けて

FC2ちょる2




「ボク達は、寒い寒い冬の日・・・・

心まで冷え切ってしまった、寂しがり屋さんの所に現れるんだよ。」

「神様がね、その時だけ、ボクたちに"命"を授けてくれるんだ。」


彼はそう言って、微笑んだ



「べ、・・別に寂しくなんて・・・・」

そう呟いた私に、彼はにっこり笑って

「キミの心が温まるまで、ボクはいつでもここにいるからね」


そう言って優しく見つめる彼の瞳に、
全てを見透かされたような気がして・・・

恥ずかしくなった私は

窓を"ぴしゃんっ"

と、閉めた・・・




それから・・・・


何日も、何日も・・・・

ベランダを覗いてみれば、必ず彼がいた

FC2ちょる3



雪の降る日だけじゃなく
雨の日も、風の日も、晴れの日さえ・・・

私の顔を見るたびに、何も言わずに微笑んでくれた


・・・いつしか、彼にたくさんの事を話すようになっていた


「今日仕事で失敗しちゃって・・・」
「ねぇ!聞いて!!!彼氏が出来たの!」
「あ~・・・明日どこへ行こうかなぁ~」


彼は私の話を、まるで自分の事の様に聞いてくれた


そんな彼に、何かしてあげたくて


「ちょるくんは、何をしてもらったら嬉しい?」

そう聞いた私に、彼は微笑んで・・・

FC2ちょる4



「ボクの喜びはね、キミが笑顔でいる事だよ。」



そんな彼の言葉に、嬉しくて嬉しくて・・・・・

涙を堪えながら、めいっぱい笑った


それからは、少しずつだけど・・・・
変わっていく私がいた


「今日仕事で失敗しちゃって・・・・
でもね、もう、次は同じ間違いはしないよ!」



「彼氏とケンカしちゃった・・・・も~あんなヤツ!!!!!!

・・・・でも、ちょっと言いすぎちゃったから、明日謝ってくるね!」




「明日の予定キャンセルになっちゃった・・・
けど、一人で気楽にショッピングするのもいいよね♪」


たわいない話をする私を見て、
幸せそうにしている彼の笑顔が・・・嬉しかった



そんなある日

いつものように、ベランダに近寄って窓の外を見てみると

溶けて小さくなったちょるくんが・・・

FC2ちょる5



あわてて窓を開け、

「ちょるくん!どうしたの?!!!」

「・・・最近のキミは、毎日が楽しそうだね。」

「そうだよ!全部ちょるくんのおかげだよ?!!」

「それはよかった・・・」

「なんでどんどん小さくなっているの?!!!」


「ボクは・・・キミの心を温めるために存在するんだ・・・
キミの心が温まったとき、ボクは消えてなくなっちゃうんだ・・・」

「なんで?!!そんな事なら、あたしの心は冷たいままでいいよ!
ちょるくんがいなくなったら、あたし・・・・」

FC2ちょる6




「ありがとう。その気持ちだけで十分だよ。
例えボクの姿は消えてしまっても、
キミがボクと過ごした日々を、暖かい心にしまっていてくれるなら、
ボクはキミの心の中で、ずーっとずーっと生き続けるから・・・・。

だから、ボクからのお願いだよ。

最後に、キミの笑顔を見せて・・・。」


ぼろぼろと流れ落ちる涙が邪魔をして、彼を見る事すら出来なかった。

でも・・・自分に出来る、唯一の「彼の為に出来る事」

涙なんか見えないくらい、精一杯の笑顔を彼に送った・・・・



「ありがとう・・・」

FC2ちょる7



そう言ったはずの声が、雫となってこぼれ落ちた。






その瞬間、自然と涙は止まって、空を見上げることが出来た


FC2ちょる8



心の中で

「ありがとう」

そう、つぶやいた・・・









窓の外には、何かに呼び起されたかのように咲く梅の花

FC2ちょる9




安心してね

あたしの心はずっとずっと・・・あったかいよ







癒された☆
そう感じてくださった方はクリックお願いします(*^_^*)↓↓

癒された☆
そう感じてくださった方は
クリックお願いします(*^_^*)↓↓

スポンサーサイト
癒され人☆
最近の記事+コメント
カテゴリー
癒しの写真畑タイトル一覧表☆

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
♪プロフィール♪

いーちゃんちょび子

Author:いーちゃんちょび子
写真と言葉が好きです(^∀^)

コンデジ片手に、身近にある癒しを探して写真を撮る!!
その写真に、その時思いついた言葉や詩を書き綴っています☆

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。